トップ 開山・宗派 おとりさま・酉の市 行事・法話 法事・供養・祈願・相談 長國寺の施設 交通アクセス リンク
  長國寺開山長國寺開山長國寺開山


7月13日〜16日(又は8月13日〜16日)に行われる先祖の霊を供養する法会です。寺院では餓鬼に飲食(おんじき)を施す施餓鬼会と共に執り行われることが多く、当寺でもそうしています。各家庭では精霊棚を設け、盆飾りやお供えをして先祖の霊を迎えます。13日には墓参りをしてご先祖様を迎えに行き、夕方に迎え火を灯し16日には送り火を焚いて送りだします。

盂蘭盆とは梵語のウランバナに由来し、逆さ吊りの苦しみという意味です。そこで苦しみを受けている霊に飲食を供えて供養した言い伝えが盂蘭盆に転化したとも言われています。

盂蘭盆経によれば釈迦の高弟目連が餓鬼道に落ちた母の苦しみを救うため、釈迦の教えに従い自恣(じし:梅雨明けに行う懺悔の会)の日である7月15日に百味の飲食、五果等を供えて十方の衆僧を供養しました。すると目連の功徳と衆僧の回向によって母の苦しみを救うことが出来たとあります。この話とウランバナの言い伝えとを合わせて考えると本来、盂蘭盆会とは「供養を積む功徳によって魂を救済する法会」なのです。

亡くなって初めて迎える盂蘭盆を新盆と言い、その新仏様には、より丁重なご供養を執り行います。

お盆の間菩提寺の僧侶が檀信徒家に追善の読経に伺いますが、これを棚経(たなぎょう)と言います。現在長國寺の棚経は新盆を迎えた新仏様がいらっしゃるお宅にだけお伺いしています。

 
日付: 7月20日(木)
時間: 午前13:00 法話
午後14:00 法要
場所: 長國寺本堂
ご先祖様は馬に乗ってやってきて、牛に乗ってゆっくりお帰りになると言います。時節の収穫物や藁で乗り物を作り精霊棚に飾ります。

法要にご来寺いただくときは:  数珠をお持ちの方は必ずご持参願います。
新盆をお迎えのときは:
棚経にお伺いする日取りは当寺より問い合わせ申し上げますが、お盆の頃特にご都合のある場合には早めにご連絡願います。
電話【03-3872-1667】長國寺    

 


餓鬼道に落ちて苦しむ餓鬼に飲食(おんじき)を施し、また読経の回向(法施)によってその苦しみを救済する法会です。通常寺院では盂蘭盆会に続いて行われますが、現在では餓鬼に限定した供養ではなく、三界(全ての世界)万霊の有縁無縁の精霊や特に新亡精霊、および檀信徒の先祖代々への供養が中心となっています。

餓鬼や無縁仏への供養は勿論ですが、日頃ご先祖様であっても、単独ではなかなか供養して差し上げることが無い精霊や、僅かなりとも縁を結んだ霊位に対して施食することが自らの修業であると考えています。
そして、その修業で頂いた功徳をもって志す仏に回向する大切な法要であるとしています。法要終了後先祖代々を供養する卒塔婆を墓に立てます。

施餓鬼塔婆を申し込むときは:
ご案内状を差し上げますが、後から追加されるような時、遅くとも法要の10日程前までにご連絡願います。
電話【03-3872-1667】長國寺
FAX【03-3872-1788】長國寺
施主様のお名前には必ずふり仮名を:法要の中で仏様の法号と塔婆を立てた施主様のお名前を読み上げますので、間違いの無いようお名前には必ずふり仮名もお書き添え願います。

前のページへ 次のページへ

●このページを作成するにあたり参考にさせていただいた資料一覧
新版「仏事の基礎知識」 藤井正雄[著] 講談社 2001年3月発行

「日蓮宗の仏事」 松村寿巖[監修] 世界文化社 S62年6月発行

暮らしに役立つ「新 仏事の常識」 中外日報社編集局[著] 中外日報社出版局 H11年5月発行

「仏教用語の基礎知識」 山折哲雄[編著] 角川書店 H12年6月発行

「仏教行事散策」 中村 元[編著] 東京書籍 1989年10月発行

宗教と暮らし選書
「仏事と葬儀物知り事典」
成瀬良徳[著] 新人物往来社 1992年2月発行

「冠婚葬祭すぐ使える実用事典」 主婦と生活社[編] 主婦と生活社

改訂版「葬儀法要の早わかり百科」 主婦と生活社[編] 主婦と生活社

「葬儀と法要の事典」 新星出版社[編] 新星出版社

「仏教行事歳時記」 瀬戸内寂聴[監修]
藤井正雄 [監修]
宮田 登 [監修]
第一法規出版 1989年発行

順不同敬称略

| サイトマップ | English | お問い合わせ | 当サイトのご利用について |
| トップページ | 開山・宗派 | おとりさま・酉の市 | 行事・法話 | 法事・供養 | 長國寺の施設 | 交通アクセス | リンク |

酉の寺 長國寺 / 〒111-0031 東京都台東区千束3-19-6 TEL.03-3872-1667
(C) Copyright 2003 Juzaisan Chokoku-ji All Rights Reserved.